不動産で家賃収入を得る【投資で先を透視する】

物件を貸し出す

プロフェッショナルに運営を一括委託

不動産の賃貸事業を始めたいが、経験やノウハウがないため果たして成功するかどうか不安だという、そんな思いを抱いている人は少なくありません。そんな心配を解消できる経営手法があります。それがサブリースです。サブリースとは簡単に言えば転貸のことです。具体的には、オーナーはまず自らの負担でアパートやマンションを建築あるいは購入します。次にオーナーはこの物件を専門のサブリース運営会社に賃貸します。これをマスターリースといいます。そして運営会社は実際の入居者を募集して物件を転貸するとともに、手数料を上乗せした家賃を毎月徴収します。手数料の額は運営会社ごとに異なりますが、おおむね10〜20パーセントが相場です。

安定した家賃収入が得られるのがメリット

つまりオーナーは実際に入居者が支払っている家賃よりも10〜20パーセント低い額を家賃収入として受け取ることになります。これは一見すると損なように見えます。しかし運営会社からオーナーへの家賃の支払いは、マスターリース契約に基づいて行われます。ですから実際の入居者がたとえ家賃を滞納しようが、あるいは退去して空き室となろうが、オーナーはマスターリース契約が継続する限り毎月家賃の80〜90パーセントを受け取ることができるのです。つまり事実上の家賃保証が受けられることになるのです。このサブリース方式は、従来は企業の社員寮や保養所などのいわゆる借上げシステムとして、またデパート等の経営システムとしてしばしば利用されてきました。しかし最近では少ない事務負担で安定した経営ができるという利点が注目されて、賃貸住宅の分野においても普及が進んでいます。