不動産で家賃収入を得る【投資で先を透視する】

安定した収入を得る

サブリースは長期の契約が望ましい

賃貸事業を行う場合にはテナントを誘致できるかどうかが鍵になります。テナント誘致に自信のある不動産業者はサブリース方式でも管理請負を行います。サブリース方式はオーナーにとっても安定収入が保証される仕組みになっています。オーナーサイドとしては長期契約が締結できれば成功した事業ということが出来ます。サブリースを受託する不動産業者にとっては景気変動のリスクがあるため長期契約を締結する際にも市況に変動があれば見直しが出来るという一項目を入れて契約締結を行います。日本ではバブル時のもサブリース方式の契約が頻繁に行われましたが、市況の激変によりオーナーと受託業者が賃料についてのことで係争になった事例もありました。

テナントからの賃料水準をどう見るかが鍵となる

サブリース契約によるオーナーの取り分は実際に入居者が支払う賃貸料の85パーセントから90パーセントになるのが一般的です。この差がサブリース業者のリスクに対応した取り分になります。したがって賃料相場が1割以上下落するとサブリース業者の持ち出しになることもあります。バブル崩壊後に係争になった事例は賃料の想定外の下落によるものが原因です。賃料の下落と同時にテナントの退去による空室もサブリース業者にとっては大きなリスクとなります。したがってサブリース業者は一棟借りのようなテナントの誘致を控える傾向があります。マルチテナントでられば空室率は限定的ですが、一棟貸しですと一旦退去すると後継テナントを探すのに苦労するからです。